引っ越し中

【日本】車名の由来まとめ

2019/04/20
 








この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、ダブルピースでおなじみのモハノです。 趣味はウクレレかっこ全く上達しないかっことじる。 カードメソッドによる初級日本語を提案。 現役日本語教師 #B 型 #自由人 #ネット依存 

日本車名の由来まとめ

Free-Photos / Pixabay

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”pose_kiri_woman.jpg” name=””] 造語による日本車名について、サイトや直接問い合わせして由来を調査してみたよ。[/speech_bubble]

 

車名博物館PART1 (ヤエスメディアムック517)

新品価格
¥1,620から
(2018/10/1 00:52時点)

ホンダ【HONDA】

CAPA(キャパ)

「才能・許容範囲・包容力」の意味を持つ英語と「Capacity」からの造語。

CR-Z(シーアールズィー)

「Compact Renaissance ZERO」の略。原点(ゼロ)に立ち返ってチャレンジするという意味から。

Edix(エディックス)

Edixとは1人から6人まで楽しさを思い思いに「編集(edit)」することができる「6人(six)」乗りミニバンという意味合いを込めた造語。

FREED(フリード)

「Feedom」からの造語。free(自由な)+do(行動する)という意味。

LAGREAT(ラグレイト)

英語の「LA」と「GREAT」をつなげた造語。LAは「おや、まあ」といった、驚きや感嘆を表す古語。GREATは「偉大な、すばらしい、高貴な」といった意味の形容詞である。

LOGO(ロゴ)

ラテン語の「LOGOS」から。「言葉」「意味」「理性」という意味がある。

MDX(エムディーエックス)

「Multi Dimension X」の略。

MOBILIO(モビリオ)

英語で「移動体」「移動しやすい」という意味の「mobile」からの造語。

N-BOX(エヌ ボックス)

New,Next, Nippon, Norimonoの頭文字から命名。

N-ONE(エヌワン)

【最初の】Hondaの原点の軽「N360」の意思を受け継ぐ
【唯一の】他にはない、Hondaならではの軽(One and Only)
【個人の】1人の(≒パーソナルな)
【みんなの】みんなのための、あたらしい軽(Everyone)

N-WGN(エヌ-ワゴン)

Nシリーズが提案する『次世代の軽ワゴン』を表現したものである。「WGN」はワゴンの略称をロゴタイプにしたもので、ステップワゴン(STEP WGN)と商標を共有している。

S660(エスロクロクマル) 

過去のSシリーズのDNAを受け継ぐ、Honda本気のスポーツモデルであり、Sの頭文字を採用している。660は排気量を意味する。

TORNEO(トルネオ)

英語「TOURING(旅)」とギリシャ語「NEO(新しい)」の2語による造語。

VEZEL(ヴェゼル)

英語で「カットした宝石の小さな面」を表す「Bezel」と、クルマを意味する「Vehicle」を掛けあわせた造語。

 

スズキ【SUZUKI】

AERIO(エリオ)

英語「Air(空気)」+スペイン語「Rio(川)」からの造語。

IGNIS(イグニス)

「点火」を意味する「IGNITION」からの造語。

Jimny(ジムニー)

造語 発音のしやすさ、覚えやすさなどから作ったもの。

LANDY(ランディ)

英語「Land(上陸する)」 からの造語。

MR wagon(エムアールワゴン)

造語。「マジカル・リラックス」の意味も込められている。

SPACIA(スペーシア)

英語の「SPACE(空間)」からの造語で、「室内空間の広さ」を強くアピールするとともに、「経済性と広さ・使い勝手で、笑顔があふれる家族の空間」にしたいという願いを込め「スペーシア」とされた。

WAGON R(ワゴンアール)

英語「R」は「REVOLUTION(革新・画期的)」と「RELAXATION(くつろぎ)」の頭文字であり、「軽自動車の新しい流れを作る新カテゴリーのクルマ」で「生活にゆとりを与えるクルマ」という2つの意味が込められている。

WAGON R STINGRAY(スティングレー)

直訳すると「赤エイ」ですが、ワゴンR STINGRAYは「STING(刺激)」と「RAY(光線)」による造語。

 

スバル【SUBARU】

DEX(デックス)

器用さ・機敏さを意味する英語「Dexterity(デクステリティ)」からの造語。

EXIGA(エクシーガ)

「exciting(心躍る)、active(活動的な)」の意味を込めた造語。「CROSSOVER 7」という名称は、従来にはない新ジャンルである「7シーターのクロスオーバー(SUV)」を意味している。

IMPREZA(インプレッサ)

元々の語源は、「紋章・金言」などの意味を持つ英語「Impresa」からの造語である。

LEVORG(レヴォーグ)

「LEGACY(大いなる伝承)」「REVOLUTION(変革)」、「TOURING(新しい時代を切り拓く)」 という言葉の組み合わせ。

LUCRA(ルクラ)

「Large, Utility, Comfort, Relax, Active」の頭文字を組み合わせ。

R1(アールワン)

R1というシンプルで響きの良い記号的な名称によって、従来のミニカーとは一線を画する新たな価値観を表現。また、R1・R2両車のコンセプトの違いと大きさの違いを、「1」と「2」で表している。

SUBARU BRZ(ビーアールゼット)

「BOXERエンジン」のB、「Rear Wheel Drive」のR、「究極」のZの3文字を組み合わせ、 スバル車の特長である水平対向エンジンを搭載したスポーツ車への想いが込められている。

SUBARU XV(エックスブイ)

「XUV(Cross Utility Vehicle)」から想起しやすい短縮形。

TREZIA(トレジア)

英語の「Treasure(宝物・財宝・富)」を語源にした造語。

WRX(ダブリュアールエックス)

「WRX」とはWRCの「WR」とレオーネのスポーツグレードで採用されていた呼称「RX」を掛け合わせた造語。

 

ダイハツ(DAIHATSU)

ALTIS(アルティス)

英語「Altitude(高い地位)」の造語で、ダイハツでの最上級車に相応しい意味

ATRAI WAGON(アトレー)

フランス語「Attrait(魅力・愛情)」からの造語。

Be-go(ビーゴ)

英語で「Be(ある・いる)」から、「Go(出る・行く)」への変化を意味する。生活や意識の変化をもたらすほど、積極的に行動できるクルマをイメージしている。

BOON(ブーン)

英語で「愉快な」の意味。また、子供の言葉でクルマ(の音)をイメージしたネーミング。

BOON LUMINAS(ルミナス)

ルミナスは英語の「Luminous(輝く)」と「Roomy(広々とした)」からの造語。

COO(クー)

英語で「かっこいい」という意味の「COOL」、また室内の広さを表現する「天空・空間」等の「空(くう)」の意味も含む。

COPEN(コペン)

「Community of OPEN car life」の略。

COPEN Cero(セロ)

丸みのある意匠「Circle」と、DRESS-FORMATIONの始まりを表現する「Zero」からの造語。

Mira e:s(イース)

「Eco+smart」の略。「エコ」には、「ecology・Economy」の意味を持たせ、環境意識が高く、シンプルでスマートなライフスタイルを過ごす人に向けたクルマであることを表現している。

MOVE Conte(コンテ)

Continuityの日本的略称で、台本、コンテの意味。自分らしい生活を描くクルマを表現している。また、Comfortable Interiorの略でもある。乗る人の心地良さを追求したクルマの意味が込められている。

OPTI(オプティ)

造語。英語のOptimum「最適な」とOptimistic「明るく前向きな」を組み合わせた「明るく前向きで時代に最適なクルマ」という意味。

PYZAR(パイザー)

モンゴル大帝国時代のシルクロードの通行許可証「牌子(PAIZAH)」からとった造語。

SONICA(ソニカ)

「Sonic speed(音速)」。「Soaring and Nimble Car(舞うように軽快なクルマ)」を意味する造語。

 

トヨタ【TOYOTA】

ALLEX(アレックス)

フランス語の「ALLEZ(行く)」と「X」を組み合わせ「いろいろな場所に行く」という意味をもたせた造語。

ALLION(アリオン)

「ALL in ONE(すべてをひとつに)」からの造語。すべてのジャンルのクルマの良さをこのクルマ1台に集約する、という思いで作った言葉。

ALPHARD(アルフォード)

「星座の中で最も明るい星」を意味するギリシャ語の「α(alpha)」に由来する造語。

AURIS(オーリス)

ラテン語の「AURUM(黄金)」、英語の「AURA(独特の雰囲気)」から、「オーラのある車」という意味の造語。

AVENSIS(アベンシス)

フランス語の「AVANCER(前に進む)」からの造語。

bB(ビービー)

無限に拡がる未知の可能性をイメージする「ブラックボックス」から名づけた。

BREVIS(ブレビス)

英語の「Brave(勇敢な)」から作った言葉。

CAMI(キャミ)

「Casual(カジュアル)」と「Mini(小型車)」からの造語。

CAMRY(カムリ)

日本語で「冠」をもとに作った言葉。

COROLLA AXiO(アクシオ)

ギリシア語で「価値あるもの・品質」を意味する「AXIA」からの造語。

COROLLA FIELDER(フィールダー)

「フィールド(野外)に出て遊ぶ人(のための車)」の意味を持たせた造語。

COROLLA RUMION(ルミオン)

「ROOMY(広々とした)」と「UNIQUE(独自の)」からの造語で、「広い室内スペースと個性的なスタイルをもち合わせたクルマ」の意味。

COROLLA RUNX(ランクス)

英語の「RUN(走る)」と「X」を組み合わせて「究極の走り」の意味をもたせた造語。

COROLLA SPACiO(スパシオ)

イタリア語で「空間」という意味の「SPAZIO」をもとに作った言葉。

CROWN MAJESTA(マジェスタ)

英語で「威厳」「尊厳」という意味の「MAJESTY」をもとに作った言葉。

ESTIMA(エスティマ)

英語で「尊敬すべき」という意味の「estimable(尊敬すべき)」から作った言葉。

FJ CRUISER(エフジェイクルーザー)

「ランドクルーザー」と「FJ40」の造語。 「FJ40」とは、1960年~1984年に生産されたFJ40型ランドクルーザー。

iQ(アイキュー)

「iQ」の「i」は、「個性(individuality)」を表すと同時に、「革新(innovation)」と「知性(intelligence)」という意味をあわせもつ。また、「Q」は、「品質(quality)」を表現するとともに「立体的な(cubic)」という言葉の音と、新しい価値観とライフスタイルへの「きっかけ(cue)」という言葉に由来している。

MARK X(マークエックス)

「マーク」は、英語の「Mark(目標・成功・名声)」と、「X(次世代の・未知の可能性)」の造語。新時代の目標となる車に相応しいネーミングとしている。

MR−S(エムアールエス)

「Midship Runabout-Sports(ミッドシップ方式の小型車)」の意味。

PIXIS MEGA(ピクシス)

英語の「PIXIE、PIXY(いたずら好きな小妖精)」からの造語。メガは英語で「巨大な」という意味。

Pronard(プロナード)

フランス語の「Proner(称賛する)」から作った言葉。

Ractis(ラクティス)

「Runner with activity and space(アクティブな走りと広い室内空間をあわせもつ車)」の意味をもつ英語の頭文字を組み合わせた造語。 「Run(走る)」「Activity(活動的・積極的に色々なところにでかけたくなるクルマ)」「Space(室内空間・荷室空間)」という要素を兼ね備えたクルマとして「Ractis(ラクティス)」は誕生した。

RAV4(ラヴフォー)

「RAV4」は「Recreational Active Vehicle 4 wheel drive」の略。

SAI(サイ)

開発コンセプトである、「才(優れた環境・安全性能を有する才能)」と「彩(上質感あふれる彩り)」を意味する。

Sienta(シエンタ)

スペイン語の「siete(7、シエテ)」と、英語の「Entertain(楽しませる)」からの造語。

SPADE(スペイド)

“Space”「空間」と“Wide”「広い」を組み合わせた造語。

Sparky(スパーキー)

英語の「Spark(活気)」から作った言葉。

VELLFIRE(ヴェルファイア)

英語の「Velvet(物静かな)」と「Fire(情熱)」からの造語。「クールな情熱を持つ車」という意味。

VEROSSA(ヴェロッサ)

イタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」からの造語。

VOLTZ(ヴォルツ)

「Volt(電圧の単位)」から生まれた造語。見る人、触れる人に、しびれるような刺激と魅力を感じさせる衝撃的なクルマという意味。

VOXY(ヴォクシー)

英語の「VOX(言葉・声)」からの造語。「BOXY(英語の「箱型」の意)」を連想させるとともに若々しい響きの語感から命名。

 

マツダ【MATSUDA】

ATENZA(アテンザ)

イタリア語「Attenzione(アッテンツィオーネ=注目)」の造語で「細部まで商品力の高い・注目に値する製品である」という意味が込められている。

AXELA(アクセラ)

英語で「Accelerate(加速する、前へ進む)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(魅力的な・卓越した)」を語源とした造語。 運転の喜びに伴う若々しい感情の高鳴り「Acceleration」と無限に広がる可能性「X(エックス)」を表現。

BIANTE(ビアンテ)

「周囲を取り巻く・環境」といった意味の英語「Ambient(アンビエント)」から発想した造語。「乗る人みんなの生活環境の一部となり、楽しく快適な暮らしづくりに貢献する」を意図した名称。

CX-3(シーエックス・スリー)

「C(クロスオーバーコンセプト)」、「X(スポーツカー)」の意味。「CX」はクロスオーバー(cross over)車のラインナップを表すという思いを込めて命名したもの。 数字は1から9までの数字を用いたマツダ独自の車格を表していて、数字が大きい方が車格も上となる。

DEMIO(デミオ)

スペイン語(de Mio)を合成した造語で英語の「of mine」に相当する。 

MILLENIA(ミレーニア)

英語の「Millennium(千年に至る幸せ)」からの造語。

PREMACY(プレマシー)

「至上・至高」を意味する英語の「supremacy」を語源としている。

VERISA(ベリーサ)

イタリア語の「verita(真実)」と英語の「satisfaction(満足)」をあわせた造語。

 

三菱【MITSUBISHI】

Airtrek(エアトレック) 

「自由に冒険的な旅をする」という「Air」+「Trek」の造語。

DION(ディオン)

造語。ギリシャ神話に「喜びを与える神」として登場する「ディオニソス」に由来。

GRANDIS(グランディス)

フランス語(GRANDIOSE) 「雄大」のいう意味からの造語。

PROUDIA(プラウディア)

「PROUD(堂々とした・誇り高い)」と「DIAMOND(ダイヤモンド)」を合成した造語。

RVR(アールブイアール)

Recreational Vehicle Runner。走りよいRVという意味。

TOPPO(トッポ)

造語。ルーフ(TOP)が高いことから、愛嬌を込めて命名。

TRITON(トライトン)

造語。三菱の三を意味する英語の「TRI」と「1 TON PICK UP」の「TON」を合わせてTRITONと命名。

 

日産【NISSAN】

BASSARA(バサラ)

「ダイヤモンド」という意味を語源に持つ日本語の「バサラ」と、サンスクリット語の「ヴァジャラ(魔人を降伏させるダイヤモンドの意味)」から付けられた。梵語(サンスクリット語)で「vajra(伐折羅・バジャラ)= 金剛石(ダイヤモンド)」を意味する。

DAYZ ROOX(ルークス)

「ROOX」は「Room」と「Max」を掛け合わせた造語。商品特徴である広々としてゆとりある室内空間を表現したネーミング。

ELGRAND(エルグランド)

英語の定冠詞「THE」にあたるスペイン語「EL」に「偉大な」を意味する「GRAND」を組み合わせた造語。

GT-R(ジーティーアール)

「Grand Touring-Racing(グランド・ツーリング・レーシング)」の略。

KIX(キックス)

軽快感をイメージさせ、「興奮・熱中」の意味を持ち、「X」は「未知数」の意味。

LATIO(ラティオ)

英語「Latitude(行動の自由(裁量))」からの造語。

MOCO(モコ)

かわいらしく暖かな響きのある擬態語「モコモコ」からの造語。

NV200 VANETTE(バネット)

「N」は「New generation(新世代)」、「V」は「Vehicle(乗り物)」、「200」は車格を表す。VANと「小さな、可愛い」の意の接尾語「ETTE」の合成語。

OTTI(オッティ)

イタリア語「OTTIMO(最高)」からの造語。

PINO(ピノ)

童話作品の「ピノキオ」から名付けられた。「ピノキオ」のように、長く愛され一緒に成長していける『友達』という意味を込めて命名。

R’NESSA(ルネッサ)

「ルネッサンス(RENAISSANCE)の造語で、「Run(走り)・Relax(リラックス)・Recreation(レクリエーション)」という意味を込めている。

STAGEA(ステージア)

「STAGE」に「Advance」の「A」を組み合わせた造語。

SYLPHY(シルフィ)

4大精霊(土・水・火・風)のひとつである風(空気)の精を表わす英語の「SYLPH」からの造語。

TIIDA(ティーダ)

英語で「自然の調和・時代の潮流」を意味する「TIDE(タイド)」から発想した造語。読み方は、沖縄方言で「太陽」を意味する「ティーダ」に由来する。

WINGROAD(ウイングロード)

市街地からアウトドアまで、ライフエリアの大きな広がりをイメージさせる「翼(WING)」と「道(ROAD)」をあわせた造語。

X-TRAIL(エクストレイル)

「X」は「X-trem(=extreme)sports」スノーボード・スケートボード等、若者に人気のスポーツ競技のX。「TRAIL」は「足跡・オフロード・荒れた道」などを表わしている。「X-TRAIL」はその2つの言葉をかけ合わせた、4×4のイメージとしての造語。


日本語ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、ダブルピースでおなじみのモハノです。 趣味はウクレレかっこ全く上達しないかっことじる。 カードメソッドによる初級日本語を提案。 現役日本語教師 #B 型 #自由人 #ネット依存 

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.