【韓国】ホテル名の由来まとめ

8月 6, 2018ネーミングホテル名, 由来



韓国・ホテル名の由来

PhotoMIX-Company / Pixabay

Booking.comに掲載されてるソウル所在のホテル名について、サイトや直接問い合わせして由来を調査してみたよ。

 

最強のホテル100 (ホテル評論家が自腹で泊まる!)

新品価格
¥1,404から
(2018/10/1 00:59時点)

【☆】星1ホテル

GV 레지던스(GV Residence)

「Golden Villa」の頭文字から由来。

M&K 하우스(M&K House)

オーナーの主である姓 MINと友達の姓 KIMを組み合わせて作ったもの。

두리월드(Duriworld House)

「두리(2人)の世界」という意味から命名された。ラブホかな?

더 자 가로수(The JA Garosu)

韓国語「더자(more sleep)」の意味と英語「Joyful Accommodation」の意味をかけている。

 

【☆☆☆】星3ホテル

까사빌 레지던스 신촌(Casaville Residence Shinchon)

スペイン語「Casa(家)」+フランス語「ville(都市)」の造語。

담소정 한옥 게스트하우스(Dahmsojung Hanok Guesthouse)

「談笑亭(談笑の談, 笑いの笑, 留まるの亭)」の漢字を組み合わせ、笑いが溢れ語り合って宿泊する所という意味を持つ。

스테이 인 감(Stay in GAM)

「GAM」は漢字の「感」であり、気楽に泊まってくださいという意味。

케이시티호텔(K City Hotel)

「Korea」の頭文字である「K」から命名。

호텔 KP(Hotel KP)

「K.POP DREAMS HOTEL」の略字。

호텔 야자 홍대(Hotel Yaja Hongdae)

「야자(Yaja)」は「야(ねぇ)+자(遊ぼう)・자(休もう)・자(寝よう)」という韓国語から命名。

호텔 통 비바체 동대문(Hotel Tong Vivace Dongdaemun)

近所の東大門は朝鮮時代の4大門の一つで、全国的に接続される通信の中心地だったようにホテル名トン(通)も世界各国からの旅行者と国内の旅行者が、異なる文化を理解し、コミュニケーションする場なれば風を詰め込んだ。

 

【☆☆☆☆☆】星4・5ホテル

JW 메리어트 서울(JW Marriott Seoul)

「JW Marriott」の創始者である John Willard Marriottの尊名から JWを使用した。

노보텔 앰배서더 강남 서울(Novotel Ambassador Gangnam Seoul)

フランスに本社を置く노보텔(Novotel)はNouveau(新しい)+Hotel」の合成語。

더 케이 서울호텔(The-K Seoul Hotel)

「Korea」の頭文字である「K」から命名。

클래식 500 펜타즈 이그제큐티브 레지던스(The Classic 500 Pentaz Executive Residence)

「Penta(完全な) + Zone(空間)」という意味を略して「PENTAZ」とした。

베니키아 프리미어 메리골드 호텔(The Benikea Premier Marigold Hotel)

「Best Night in Korea」を略して命名。

아이피 부띠끄 호텔(IP Boutique Hotel)

「Imperial Palace」の略字から命名。

엔 포시즌 호텔 명동(N Fourseason Hotel Myeongdong)

ホテル近郊の南山(Namsan)から命名。

티마크 호텔 명동(ark Hotel Myeongdong)

「Tmark hotel MYEONGDONG」の「T」は 「Tourist・Travel」の頭文字

호텔 아벤트리 종로(Hotel Aventree Jongno)

英語の「Avenue(大通り)+Street」の合成語で、道と道が会う中心地点、すなわち東西の出会いを意味する言葉である。外国人観光客が多くホテルの特性上、韓国での良い印象を感じてほしいという願いが込められている。

 

THE 有頂天ホテル

新品価格
¥400から
(2018/10/1 00:59時点)

出典:【Booking.com】世界のホテル割引予約

THE 有頂天ホテル

新品価格
¥400から
(2018/10/1 00:59時点)


日本語ランキング



よろしければシェアお願いします