【文法】外国人に動詞の「受身形」を教える方法

7月 8, 2018日本語中級の教え方日本語文法, 動詞



受身形の教え方

スライドによる導入

※スライドは全画面に拡大できます。

PowerPointとして編集されたい方はこちらからダウンロードできます。

スライド2~6

まず、動詞1グループの「受身形」の作り方として、u段をa段に変えて「れる」を加えることを示します。

【例外】「◯◯で終わる動詞は「◯◯」+れるになるので注意!

 

スライド7~8

動詞2グループと3グループの受身形の作り方を説明します。

  • 2グループ:「◯◯る」の「る」を取って「られる」を加える
  • 3グループ:「する→される」「くる→こられる

 

スライド9~12

動詞のイラストを使って、「受身形」の練習をします。

 

 

受身形の作り方

受身の練習をし、作り方を確認します。

pdfはこちらからダウンロードできます。

 

受身形フラッシュカード

PowerPointとして編集されたい方はこちらからダウンロードできます。

 

 

受身形を使った例文

  1. 弟に勉強のじゃまされました
  2. 友達に頭をたたかれた
  3. 今年はワールドカップが行われる
  4. 昨日、財布を盗まれました
  5. 電車の中で誰かに足を踏まれた
  6. 先生に日本語のスピーチをほめられました
  7. 赤ちゃんに泣かれた
  8. 昨日、駅で外国人に道を聞かれた
  9. 去年、愛犬に死なれました
  10. 大好きなアイスを兄に食べられた

 

動詞の受身形クイズ


日本語ランキング

できる日本語 初中級 教え方ガイド&イラストデータCD-ROM

新品価格
¥5,184から
(2018/9/8 01:26時点)



よろしければシェアお願いします